最近のトラックバック

最近のコメント

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カウンター


お気に入り

2016年12月 9日 (金)

段試験の結果

一昨日、北光誌の1月号が届き、段試験の結果を知ることができた。

 

今年1月、父が亡くなったことで母が激しく狂ってしまい振り回されていたため、一番出来る子に他の塾に移ってもらった。その子は、硬筆は特待生。毛筆は8段と、両方合格していた。

 

前回、努力したにもかかわらず、毛筆、硬筆共に不合格だった子は、今回は両方合格させることができた。前回、不合格だったものに対しては、全員合格させることができたという意味では良い結果が得られたと思う。

 

昨晩、私の一番弟子だった子を合格させてくれた先生にお礼の電話を入れた。次に、前回、両方不合格だったのに、今回、両方合格できた子のお母さんに祝福の電話を入れた。そして、一番弟子の本人とお母さんに祝福の電話を入れた。

 

しかし、前回、さほど頑張らなくても合格した子は両方とも不合格となった。それはそれでよかったのだと思う。私が厳しいことを言わなくても、厳しい現実が、そういった考え方を改めさせてくれるからだ。ということで、今回の審査結果も、とても満足のいくものであったと思う。

 

今週、子供たちは全員で、クリスマスの飾りつけの準備を楽しそうにやってくれた。クリスマスは、もう一つの子供の日なのかもしれない。大人が準備したものではなく、子供たちの手作り感にこだわっているが、大人では考えられないようなセンスで出来上がっていくのが見ていて楽しい。





恵翠書道教室 滝沢教室

恵翠書道教室 盛岡教室

2016年11月26日 (土)

クリスマス会と年末年始について

昨日、藤沢体育堂さんに、クリスマス会の授賞式で授与するメダルと楯を注文しました。

 

本格的なメダルと楯なので、子供たちから好評を得ています。

 

今年は、チーム対抗でやったのですが、例年以上に盛り上がりました。子供たちの要望で、来年も個人戦ではなくチーム対抗で行こうと思います。

 

今年のクリスマス会は、12月17日(土曜日) 14:00~15:30 場所は滝沢教室に予定しています。

 

飾りつけ等を子供たちにやってもらう予定ですが、楽しいクリスマス会にしたいものです。

 

 

年末年始のお休みは、12月29日(木)~1月3日(火)としますので、よろしくお願い致します。

 

 

来春、当塾では、第53回 全日本書初め大展覧会に参加する予定です。ここ2年、父の介護のため断念していましたが、今年は再開できそうです。半切の大きな紙、8号の大筆で作品を書きます。子供たちにとって良い思い出になることと思います。練習期間は、12月17日(土)~1月5日(木)で、4日の練習で仕上げていく予定です。出品料は500円ですが、紙代が半紙の時の倍額(現在の用紙の値段にもよる)、墨汁も通常の数倍かかるので、総額で2,000円位になるかと思います。

今回は、今年の高円宮杯で日本武道館賞もしくは大会奨励賞を受賞したお子さんには遠慮してもらい、前回、大きい賞をとれなかったメンバーで特別賞を狙いに行きたいと思います。今年、大きい賞を受賞したメンバーには、北光誌上書初め展の方で活躍してもらいたいと思います。

詳しくは、後日、プリントでお知らせいたします。

 

 

 

恵翠書道教室 滝沢教室

 

恵翠書道教室 盛岡教室

 

2016年1月23日 (土)

父の死

本日、20時13分、内丸病院302号室にて、父・佐藤 勇が亡くなりました。 私はJOYFITで運動中でしたが、携帯電話をポケットに入れてやっていたので、すぐに対応できました。汗も拭かずに急いで着替え、車で自宅に戻り、腰を痛めて動けない状態の母を励ましながら車に乗せ、介護の仕事を切り上げて駆けつけてくれた妻と3人で病院に向かいました。

ぎりぎりで父の死に間に合うことが出来ました。

明日のお稽古の子供たちににその旨を電話し、1時間後に葬儀屋さんの車が来てくれて、葬儀場に遺体を運んでもらいました。新聞各紙の慶弔欄に無料で乗せてもらえるとのことなのでお願いし、通夜(26日)、火葬(27日)の日時を決めました。葬式はお寺さんの都合を聞いてからです。また、係りの方からお寺さんへのお布施の額についてのお話もありました。

ということなので、来週の滝沢教室のお稽古はお休みといたします。

30日(土)、31日(日)の盛岡教室のお稽古につきましては、後日お知らせいたします。



2015年12月22日 (火)

年末年始のお知らせ

年末年始のお知らせ

12月28日(月)~ 1月3日(日)までお休みさせていただきます。





2016年は、「精神性」と「芸術性」をテーマとした指導を心掛けたいと思います。

結果に対する評価よりも、取り組み方の評価を重要視すべきと考えております。いわゆる躾教育です。これは、本来の書道教育への原点回帰でもあります。

また、書写書道の競書やコンクールではなかなか養うことが難しい、子供たちの芸術性への扉を開き、将来、優れたアイディアで社会に役立つ人材に育てたいと思います。

それでは、良いお年を


               佐藤 奏月




恵翠書道教室 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書道教室 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html


2015年8月31日 (月)

優しい人にばかり出会えた素晴らしき一日(第31回高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会にて)

昨日830日(日)には、第31回 高円宮杯 日本武道館書写書道大展覧会の表彰式に無事母を連れていくことができた。

 

早朝510分にタクシーにて自宅発。610分発の新幹線に乗車するまで時間があったので、JRの窓口に座っていた若い男性駅員に相談したところ、東京駅で母の車いすの件を明るい笑顔で快く手配してくれた。

 

東京駅に着くと、車いすが手配されていて、係員さんに東京駅の構内を端から端まで歩く形で、中央線まで車いすを押してもらった。

その時間帯は快速しか走っていないため、御茶ノ水で総武線に乗り換え。乗り換えと言っても、すぐ向かい側に来る電車に乗るだけである。

 

飯田橋に着くと、そこでも車いすが手配されていて、東口のタクシー乗り場まで係員が車いすを押してくれた。

 

そして、会場のホテルグランドパレスに予定時間よりも1時間早く到着。すると、迎えてくれたホテルの係員がすぐに車いすを手配してくれて、10時からの「チェリールーム」での展覧会をじっくり鑑賞することができた。母の作品は、決して他の作品に見劣りすることはなく感動的に展示されていた。

2015830_1

 

私は、受賞者はてっきり優先的に1階でのビッフェで食事ができると思っていたら、満席でダメとのことだった。23階のレストランも満席となっており、これでは昼食をとることができないと絶望的な気分になった。

 

たまたま、11時半からの開店の準備をしてテーブルを拭いていたテノール歌手の錦織健に似たイケメンのボーイさんに目が留まり声を掛けてみた。母が車いすなのでホテルの外に出て食事の出来ないことを話したところ、快く席を準備してくださると言ってくれた。その場で予約を入れて、11時半から23階のクラウンラウンジで食事をとることができた。良心的な価格でありながら、素晴らしい料理だったのだが、一番のご馳走は、そのボーイさんのサービスが抜群で、忙しいのに母の話を聞いてくださり祝福の言葉も述べてくれたことだった。母はとても幸せな気分に浸れたようだった。そして、素敵なボーイさんに来年もまたここに来たいですと話していた。

 

13時からは、「ダイヤモンドルーム」にて授賞式が行われた。何と、高円宮様がご列席となり、思い出深い素晴らしい授賞式となった。

2015830_2

2015830_3

母は車いすなので、係りの人に特別に席を設けてもらい、表彰の場では、車いすでぎりぎりのところまで行かせてもらい、そこから私が母の手を引いて壇上に登り、賞状と素晴らしい盾をいただくことができた。

 

加藤東陽先生による総括のお言葉では、毛筆は11千点以上から、硬筆は57百点以上から応募が集まり、24名の審査員による厳正な審査が行われ、過半数を超えなくては決められないゆえ、何度も決選投票が行われたとのこと。最高齢は94歳で、高齢者による臨書が素晴らしかったことも離されていて、高齢者で臨書を書いていたのは母なので、母は自分を褒めてもらったような気分に浸れたと思う。

 

 

 

高円宮賞を受賞した高野瑞貴さん(福岡県 県立太宰府高等学校3年生)の謝辞も印象に残った。この場に立つことが目標だったゆえに、夢のよう。書道部の仲間たちと出品したとのこと。仲間たちの励ましと、顧問の先生のご指導の賜物とお礼を述べていた。作者についてはメモしたが、急いで書いた故読み取れず残念。線質に特にこだわり、立体感を出すために小筆から長峰に筆を変えてやってみたとのこと。高円宮賞にふさわしい素晴らしい作品だったと思う。

 

 

 

ホテルのロビーでタクシーを手配してもらい、ここでもタクシーの運転手さんが、店の前ぎりぎりのところにタクシーを停めてくださり、安全に母を店の入口へと誘導してくださった。今日は本当にいい人にばかり出会っていると感じられた。御茶ノ水駅前のサイゼリアで食事をした。安価にイタリア料理と美味しいワインを堪能できた。

 

そこまでは、母にとって楽ちんだったと思うが、そこからが大変だった。お土産を買うため東京駅に行ったのだが、そこからは車いすが無いゆえに私に手を引かれながら歩かなくてはならなかった。しかも、予定よりも3時間も早く目的を達してしまったので、帰りの新幹線に乗車するまでの時間、東京駅構内の喫茶店をはしごしなくてはならなかった。私にとっては、なんでもない距離でも、母にとっては大変らしく、大変疲れた様子だった。凄い人混みだったので、それだけでも精神的に参ってしまう感じだった。

 

新幹線のホーム内のベンチでは、宮城県の白石市の息子に会いに来たという女性が母の話を聞いてくださり、苦しい待ち時間を和らげさせてもらえた。

 

無事帰りの新幹線に乗れて、無事盛岡に帰ってこられた。帰りのタクシーのおじさんもとても優しい方で、家のすぐ前に車をつけてくださり、自動ドアの反対側のドアを開けて母が少しでも楽できるように配慮してくださった。

 

母にとって今日は、ことごとく優しい人にばかり出会えた素晴らしい一日だったと思う。

 

 

 

恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html

 

2015年8月22日 (土)

ご父兄の各位

急なお知らせとなってしまい済みません。9月には、下記の用事につき、特に日曜日のお稽古のお休みが続くことになります。
ですので、土曜日か、金曜日の学校からの帰宅時間にお稽古の予約時間を移動していただけますと大変助かります。


9月6日(日)
お世話になっている方の音楽イベントに出席するため、一日お休み致します。

9月12日(土)~9月13日(日)
北海道にて、心理学系の研究会に参加するため、二日間お休み致します。

9月20日(日)
東京賢治シュタイナー学校の生徒さんたちとの交流会のため、午後からお休み致します。


また、8月30日(日)は、おばあちゃん先生こと佐藤 恵翠(文子)の 高円宮杯書道大展覧会 の授賞式に出席するため東京へ行きます。佐藤 潤も付き添いで出席するため、この日も一日お休みとなります。


今後も、日曜日に用事が入ることもあるかと思いますので、日曜日のお稽古につきましては、通常90分のレッスン時間を120分にさせていただきたいと思います。

9月になりますと、県書写コンのシーズンとなります。コンクールの練習を通して、子供たちの「決意力」を育て、「勝っても負けても学べる心」を育てていきたいと思います。勝ったら有頂天になり、負けたら酷く落ち込むという性質では、厳しい現実を強く生き抜いていく力にならないからです。

お休みが連続してしまい、誠に申し訳ございませんが、どうかご理解をお願い致します。




<a href="http://ameblo.jp/tsukuyomi310/theme-10060671137.html" target="_blank">恵翠書院 盛岡教室</a>

<a href="http://ameblo.jp/tsukuyomi310/theme-10060671388.html" target="_blank">恵翠書院 滝沢教室</

2015年8月15日 (土)

佐藤文子の恵翠刻字展

お陰様で、母恵翠の個展は、展示期間の半分が過ぎました。

昨日は、夕時に母と展示していただいているCafe Jazz開運橋のジョニーさんに足を運ぶことができました。

芳名録には、多くの方の名前が寄せられており感動いたしました。

夏休みなので、うちで習っているお子さんがお母さんと一緒に足を運んでくださったり、素晴らしい芸術家のお名前も書いてありました。

お祝いにと素敵なギフトを置いていってくださった方もいて、感謝でいっぱいです。

作品をぜひ買いたいと言ってくださっている方がいるとのことを聞き、思いもしない高評価に母も喜んでいたようでした。

ただ、入院中の父の状態が良くないことで、なかなかジョニーさんの方に足を運ぶことができないでいることが残念でなりません。

Keisui_koten_01
Keisui_koen_02

Keisui_koten_03
                     Cafe Jazz開運橋のジョニー店主の照井顕さんと母恵翠

Morioka_times_2015714_2




恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html

2015年8月11日 (火)

父の入院

昨日10日(月)の11時頃、ベッドで寝ている父の様子がおかしいので、病院に連れて行こうとしたのですが、全く動けないとのことだったので、私が救急車を呼んで、昨年に胃の精密検査をした岩手医科大学附属病院に運んでもらいました。その日は、私は午後から仕事だったので、たまたま休みの日だった妻に父に付き添ってもらいました。

昨日、お稽古の予定の子の親御さんに電話をしたのですが、夏休み中ということもあり、全員に連絡ができなかったので、母に滝沢の教室で待機してもらいました。案の定、連絡のつかなかった子が来たので私の判断は間違ってはいませんでした。

父の方は、胃に大きな穴が開いており、集中治療室に入院することとなりました。胃潰瘍が原因なのか癌が原因なのかがすぐには解らないため、手術までの数日間は口からの食事はできず、機械に繋がれた辛い状態が続きそうです。

11日に来る予定の子には、全員連絡がついたので問題はありませんが、お盆期間を含みしばらくは病院と行き来する日々が続きそうです。





恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html

2015年8月 4日 (火)

シュタイナー教育の勉強会より

シュタイナー教育入門講座 No.4 「むすんで ひらいて」
 2014年8月2日(日) 紫波町情報交流館 オガール2F 小スタジオ


故・鳥山 敏子先生(東京賢治シュタイナー学校創立者)と板垣 寛氏(鳥山先生ゆかりの人物で、紫波町の名士で板垣農場の5代目)との対話より。
 ※メモを取らなかったので、正確な内容ではありませんが…


板垣氏:何でシュタイナー学校を建てようと思ったのですか?

鳥山先生;教育現場は常にその時の政治体制の影響を強く受けています。大戦前は、軍国主義的な影響。大戦後は、高度成長期とあいまって経団連の影響。だから、政治体制に振り回されない教育がこの国にはなくてはならないのです。世界にはいろいろな教育システムが存在しますが、ある教育システムは、幼児偏重のもの、ある教育システムは高校までと、人間の一生をサポートする教育となるとあるようでないのです。シュタイナー教育は一生涯の教育だったので、そこが決め手となりました。これからは、シュタイナー教育が世界の教育の中心になると信じています。


板垣氏:あなたは、宮沢賢治研究家として多くの映画を制作していますが、なぜ賢治に注目したのですか?

鳥山先生:私は宮沢賢治研究科ではありません。宮沢賢治そのものになりたかったのです。小学校に入る前に父から買ってもらった宮沢賢治の本に強く感動して、それ以後、賢治の作品が自分の中で一番優れたものとなっていきました。だから、賢治と同じように生き、賢治と同じように自然と対話ができて、教え子たちと心から語り合える。できることなら賢治と同じように37歳で死にたかったのですが、残念ながら70を過ぎても生きているわけです。賢治は、自然を愛し、未来を担う子供たちをとても大切に思っていました。こういった愛が奇跡を起こすのです。悪者を打倒すことで平和が来るのではありません。どんな厳しい時代が来ようとも、愛が不可能を可能に変えてくれるのです。シュタイナーと賢治の教えの接点はそこにあります。


次に、私個人の話となります。今年に入ってからの安倍総理の動きに対し、私はかなり批判的でした。しかし、悪者を打倒すことで平和が来るのではないとなると、私たち一人一人が愛に生きる人にならなくてはなりません。政治家が平和を担っているのではなく、私たち一人一人が平和を担っているのですから。私たちは、そのことに気付かなくてはならないのです。

とはいえ、私たち一人一人が、具体的に自分にできる平和活動をしなくては、悪い体制を良い方向へと導けるような奇跡は起こせません。相手を打ちのめすのではなく、世界中の人が愛し合えることを信じて行動に移さなくてはならないと思うのです。


今日は、午前中に、おばあちゃん先生の個展の件で、お店はお休みの日ですが打ち合わせがあってCafe Jazz開運橋のジョニーに行きました。おばあちゃん先生の若い頃の作品も素晴らしいことながら、長いこと眠っていた作品を見事に生き返らせるマスターの照井さんの展示センスに感動を覚えました。音楽プロデューサーでもある照井さんは、アーティストの良い面を感動的に引き立てる天才だと思いました。帰りには、おばあちゃん先生と照井さんとで記念写真を撮りました。その時の様子については、写真を交えて、後日記事でお知らせしたいと思います。


「佐藤文子の恵翠刻字展」(個展) Café Jazz開運橋のジョニーにて
8月1日(土)~30日(日)



Morioka_times_2015714


お盆休みは、8月12日(水)~16日(日)です。


恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html

2015年7月 5日 (日)

頑張れない現代の風潮

 



前回、「頑張れること」の素晴らしさについて書きましたが、現実問題は、頑張れない人が増えているのではないかと感じています。「頑張れない」「死にたい」という心の方向性があまりに強く、修正が利かず、ついに自殺に至ってしまったケースも少なくありません。

盲人の目を開き、あらゆる病気を治したイエス・キリストも、奇跡を起こす前に必ず、「良くなりたいか」と尋ねます。

そして、「主よ、良くなりたいです」と言えた者に対してのみ奇跡を与えているわけです。

そうなると、「良くなりたい」という気持ちすら失っている場合、キリストの奇跡も起こらないということになります。

このことからも、「頑張れない」という心の方向性は、実に重い病気であると言うことができるのだと思います。

キリスト様も治せない?病気を私が治せるわけもなく、そういう人に対して無力であることは当然といえば当然なのでしょう。

ただ、そうなる前に食い止めることはできないものかと考えるわけです。これを食い止めるための子供の教育を行うことが、教育現場にいる者の使命とも考えています。

と同時に、そういった恐ろしい病に苦しんでいる人たちを支えていくことが社会の役割でもあると思うのです。この病気の恐ろしさは、一見、理解しにくいところがあります。単に怠けているのではないかと思われがちです。しかし、人との交流に難があり、あまりにも幸福感に乏しい状態を見ると、そうは考えられなくなってしまいます。

本人に良くするための力がない場合のことについてもキリストは教えています。それは、周りの人がよく祈り、必ず良くなると信じてあげることです。実は、盲人の目を開いた奇跡においても、その人が主に出会うまで、良くなりたいと長い長い期間、願い努力し続けた信仰があったわけです。つまり継続的な良い習慣の上に成り立った奇跡だったのです。

同様に、本人がダメな場合、周りの人が、継続的に良くなることを信じて、その人を支えてあげるという良い習慣を継続させる時、そこに奇跡が起こるのだと思います。

「継続は力なり」

いずれにしても信仰が問われるわけです。信仰とは、奇跡に出会うためにあるのだと思います。






恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

 

 

 

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html