最近のトラックバック

最近のコメント

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カウンター


お気に入り

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年10月28日 (水)

必ずできる

当塾でお預かりしたお子さんには、全員に良くなることの素晴らしさを実感してもらおうと思っている。

書道の得意で、すぐに上達する子もいるけど、

書道が苦手で、なかなか上達しない子こそが、将来有望な子なのだと考えている。

また書道が得意だったはずなのにスランプに陥って悩んでいる子も、将来有望な子なのだと考えている。

苦手を克服することは、教わる側も教える側も大変なことだけど、苦手を得意に変えられたなら、これからどんな厳しい試練に会おうとも、「きっとできる」と考えることができるだろう。苦手克服は、一生役立つ素晴らしい財産と言えるのだ。

人生良いことばかりではない。これからの人生、どんな厳しい試練に出会うかわからない。

得意なことばかりやっていると、壁にぶつかった時、「自分には才能が無い」と諦めてしまいやすいのだ。

そういう意味で、当塾でのシュタイナー教育は、どちらかというと書道の苦手な子に大きな効果が出ている実感がある(もちろん、できる子には、厳しい壁〈試練〉を与えることで効果を上げようと考えている)。

空間認識能力に劣る子、加減の全くわからないような子には、シュタイナーの線描(ひたすら直線を引くワーク)が、その子の芸術性の扉を開くきっかけを作るようである。

当塾は、本格的なシュタイナー学校ではないので、徹底したシュタイナー教育は展開できない。とはいえ、子供の能力開花やスランプ脱出のためにシュタイナー教育を役立てることは可能なのである。だから、シュタイナー漬けになっている子もいれば、数か月に一度しかシュタイナー教育を受けるチャンスを得ていない子もいる状態である。

教えている側としては、それが特別なお稽古ではないとしても、いつもシュタイナー教育を念頭に入れて教えているのだ。特に、お稽古の後には、必ず「教育ノート」を付けているのだが、これを書きながら、シュタイナー教育の視点から分析して、次回のお稽古の方向性を決めているのである。

お預かりしたお子さん全員が、どんな厳しい試練に出会っても「必ずできる」と考えられる人間へと育てていきたいと思うのだ。




恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html

2015年10月10日 (土)

苦手克服こそ最高の心の財産

全国展に出していると、書道塾から出品してさえも一人は銅賞を取る子がいるものである。

私は、銅賞を取った子を一番大事に考えている。

この子こそ、将来有望だと考えているからだ。

将来この子が大人になって、何らかの指導者になった時、

「私は、良い賞しか取ったことないから、できない人の気持ちなんてわからない」

では、誰もついてこないだろう。

「私は、書道においても始めは銅賞だったけど、ものすごく努力して、苦手を克服して、特別賞を取ったんだ」

って言えるなら、始めできない教え子も勇気をもらって、きっとできる人に変えられていくことだろう。

きっと、誰もがそんな指導者についていきたいと思うことだろう。

本当にできる人とは、自分もできる人で、周りの人もできる人に育てられる人だと思う。

自分だけができる人で、周りの人を全く育てられないようでは、本当にできる人ではないのだと思う。

だから私は、銅賞を取った子こそ、未来の指導者にふさわしい素材だと考えているのである。

人間、一つくらいは、超苦手なことに徹底して取り組んで、得意に変えられる体験を持ちたいものである。

得意なことばかりやっていて、苦手なことから逃げていては、残念な次元に留まってしまいそうな気がするのだ。

さて、あなたの苦手は何ですか?

頑張って克服してみませんか?




10月は、普段の競書の他に、段試験と、書写コンの課題に取り組まなくてはなりません。

段試験も、書写コンも練習量で決まります。

通常90分のお稽古時間を120分に延長して教えていますので、お車で迎えに来られる親御さんは通常より30分遅く来てください。

10月は、週1で足りないと思ったら週2来て頑張って欲しいと思います。週2の予約も受け付けております。

特に前回、結果が芳しくなかったお子さん。苦手意識を乗り越えるために週2で頑張らせてみませんか?

きっと素晴らしい奇跡が体験できることでしょう。努力なしに奇跡は起こりません。努力あるのみです。

きっと、素晴らしい心の財産が得られることでしょう。




恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html


2015年10月 9日 (金)

子供たちとの思い出づくり

昨日は、なかなか級の上がらない子が、何と写真版に上がったので、急きょ、居合わせた5人の子供たちとフライドチキンとクリームソーダ―でお祝いをした。木曜日のレギュラーメンバーたちである。

小3の彼は、微妙な加減が理解できずきれいな字が書けないでいた。そこで、彼にはシュタイナー教育のフォルメンによる「良い線と悪い線」から取り組んでもらっていた。良い線を書くには、真っすぐ書かなければいけないし、さらに良い線を書くには墨の量も加減しなくてはならない。何度も何度も直線を書く練習をした。そして、良い線が書けるようになったら、急に美しい字が書けるようになっていったのである。

彼は、私のシュタイナー教育の最も成果を示してくれた塾生である。他の子供たちは、彼が苦手なことに取り組んでいることを良く知っている。だから心からお祝いできるのである。そして、苦手なことを克服することがいかに素晴らしいことかを知ったのではないだろうか。

昨日はもう一つ素晴らしかったことがあった。それは、小5の女の子が、クラスの代表に選ばれたという作文のコピーを持ってきてくれたことである。

『どんな病気の人も元気になる薬』という題名のものだったが、「笑い」と「笑顔」がどんな病気にも利く素晴らしい薬と書いてあり、後半にはおばあちゃん先生への感謝の言葉が添えられていた。

私が代読させてもらったが、おばあちゃん先生への素晴らしいプレゼントとなるその作文に全員が感動していた。自分もそんな文章を書いてみたいと言う子も出てきた。

昨日のお稽古は、とても思い出深い日となった。

恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html

« 2015年9月 | トップページ | 2015年12月 »