最近のトラックバック

最近のコメント

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カウンター


お気に入り

« 優れた人ほど語らない | トップページ | 子供たちとの思い出づくり »

2015年9月27日 (日)

良い線を書く

字は形が整っていて上手く書けているのに、魅力が感じられない。


そういう字を書いている子の字は、良い線になっていない場合が多い。


そこで、良い線を理解するためには、良い線と悪い線を見分ける力が必要となる。


そこで、良い線で書かれた書と、悪い線で書かれた書を見比べてもらう。


理解できたなら、次に、良い線を書くにはどうしたらよいかを考えてもらう。


書くスピードについて考えてもらう。


早過ぎてもいけないし、遅過ぎてもいけない。


そこまで理解できたら、次に、生きの良い線とそうでない線について考えてもらう。


活字のような字になっていると生きの良いとはいえない。字の中に微妙な強弱がなくてはならない。


そこで、生きの良い線で書かれた書と、そうでない線の書を見比べてもらう。


理解できたなら、次に、生きの良い線を書くにはどうしたらよいかを考えてもらう。


線に微妙な強弱を付けるには、筆の持ち方が重要であることがそこで理解できるようになる。


また技も必要になってくる。その技を習得するには、何度も練習しなくてはならない。


つまり、部分練習が重要であることを理解できるようになる。


教師は、最初から教えないで、その子に試行錯誤させる。ヒントは教えるが、その子が自力で見つけたなら大いに褒める。


試行錯誤した方が、理屈が理解できるからだ。


課題を通して書いても、あまり力が付かない。一度通して書いてみて、課題が見つかったなら、徹底的にこういった部分練習をするべきなのだと思う。


恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html

« 優れた人ほど語らない | トップページ | 子供たちとの思い出づくり »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良い線を書く:

« 優れた人ほど語らない | トップページ | 子供たちとの思い出づくり »