最近のトラックバック

最近のコメント

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カウンター


お気に入り

« 「教育は平和活動」 シュタイナー教育の重要性について | トップページ | 子どもと正面から向かい合うこと »

2015年2月24日 (火)

恵翠シュタイナー書道教室の教育システム

お稽古時間:90分

①教室に入る時 (教室に入る時:「こんにちは」)(靴を揃える、所定の位置に上着や鞄等を置く)

②前半の準備(約2.5分)

③競書 硬筆 / 競書 硬筆段試験(約25分)(始まりの言葉:「お願いします」)
 ※コンクールの時期は、競書と週替わりで取り組ませるようにする。

④前半の後片付け(約2.5分)

⑤プラス・アルファ教育(約25分) ― A~Dのいずれかを行う。―
 A. 国語読解力ドリル(印象をふくらませる:幼・小・中)/ お絵かき(主に空想力の育成:低学年)
 B. オイリュトミー(運動を主体とする芸術的アプローチ)&フォルメン(有機的な動きの形状を把握するための芸術的アプローチ)」(心魂的ミルク=良心を基盤としたイメージ形成:幼・小)
  / 人智学的アプローチ(精神的ミルク=良心を基盤とした思考力育成:中学・高校)
 C. テーマを決めてとことん話し合う+エポックノート(主に職業観へのアプローチ、「魂の成長記録」)
  ※A.~C.の内容は、「7年周期(7年ごとの人間の発達の段階指針)」、「9歳の危機(客観的能力への目覚めと葛藤)」、「四つの気質(憂鬱質、粘液質、多血質、胆汁質)」と「四層構造(肉体、エーテル体、アストラル体、自我)」による分析をした上で決めていく。
  ※発達障害(アスペルガー症候群、ADHD、LD)の子には、リフレ―ミング(ポジティブな言葉に
置き換えて「見方を変えて味方になる」指導)に努めながら、他の子にも良い影響を与えるイン
クルーシブ(人権や生命の尊厳を学べる)でかつアイディア教育を展開。注意が散漫にならない
ように必要なもの以外は机上から小まめに移動させる。また場面緘黙、強迫神経症、てんかんの
子に対しても、きめ細やかな配慮に努めた指導を行う。
 D. 段試験期間の競書(硬筆 / 毛筆)
※③と⑧に変えて行うこともある。

⑥おやつ(約10分)(おやつを渡された時:「ありがとうございます」、食べる時:「いただきます」)
  ※問題が表出している子に対し、おやつの時間を用いて、別室にて、マンツーマン・カウンセリン
グの時間に充てる場合もある。

⑦後半の準備(約2.5分)

⑧競書 毛筆 / 競書 毛筆段試験(約20分)
  ※コンクールの時期は、競書と週替わりで取り組ませるようにする。

⑨後半の後片付け(約2.5分)

  ※①~⑨では、「努力カード」に努力の成果を記録していく。月締めで「今月のベストテン」の集計
   し掲示する。また、年間を通しての集計からの上位者と、「できない」を克服するための努力が著
しかった者に対し、クリスマス会の授賞式で表彰する。

⑩宿題 ※親御さんがお迎えに来るまでの時間

⑪帰りに親御さんに渡すもの(帰る時の言葉:「ありがとうございました」「さようなら」)
 ・今日、3番目に良かった作品(硬筆・毛筆)
 ・取り組んだドリル、絵画等
 ・北光誌(昇級・昇段):月1回
 ・月謝袋:月1回
 ・〈恵翠シュタイナー書道教室通信〉:5月(高円宮杯のお知らせと段試験のお知らせ+シュタイナー教
  育入門記事)、9月(書写コンのお知らせと段試験のお知らせ+シュタイナー教育入門記事)、12月
(北光誌上展のお知らせとクリスマス会のお知らせ+シュタイナー教育入門記事)
※基本は年3回(増える場合あり)

<その他の行事>
 夏休み / 映画会   (道徳的に優れている内容のもの)
 冬休み / クリスマス会(授賞式&お楽しみ会


恵翠書院 盛岡教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275045/index.html

恵翠書院 滝沢教室 http://flock.cocolog-nifty.com/blog/cat51275017/index.html

« 「教育は平和活動」 シュタイナー教育の重要性について | トップページ | 子どもと正面から向かい合うこと »

恵翠書院通信」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵翠シュタイナー書道教室の教育システム:

« 「教育は平和活動」 シュタイナー教育の重要性について | トップページ | 子どもと正面から向かい合うこと »